廃校となった小学校で新たな歴史が紡がれる

飛騨高山蒸溜所は、高山市南東にある高根町の廃校となった旧高根小学校を活用し設立する岐阜県初のウイスキー専門蒸留所です。この小学校は高根地域のコミュニティー施設として大切にされてきた「地域の宝」でしたが、人口減少・少子高齢化の流れにより2007年に最後の子供たちと別れ、大変惜しまれながら閉校となりました。
それ以来ただ壊されるのを待つだけであった施設を、地域の思い出を残しながら蒸溜所という新たな価値を入れ込むことで生まれ変わらせ、もう一度、この場所が多くの「笑顔」であふれる「新たな地域の宝」となるように再生させていきたいと考えています。